ラテン車のメンテナンス

整備の理念 ― 日本でラテン車に乗るということ

 極論を言えば、その国の車に乗るのが一番間違いがない車選びだと思います。
日本なら日本車、フランスならフランス車、アメリカならアメリカ車。その国の文化や環境、歴史から生まれてきた車に乗るのが正解なんだと思います。

 「それなら、なんでラテン車を扱っているんだ!」とお怒りの声が聞こえてきそうですが、それが解かっていても、それでも私は、どうしてもラテン車に乗りたい!日本車にはない素晴らしいデザイン!血湧き肉踊る官能的なエンジン!
 自分のDNAの中には存在しないからこそ、憧れ、手に入れたくなる。
 その前に立ちはだかるのが、ヨーロッパとは段違いの湿気や夏の暑さ、想像を絶する渋滞や稼働率の低さ。
 思っている以上に、ヨーロッパと日本の使用状況や環境は違い、日本でラテン車を乗っていくには、厳しい条件を避けては通れません。

 それでもラテン車に乗りたいのなら、何よりもメンテナンスが重要だと断言できます。
 日本のイタリアンやフレンチのシェフ達が、本場の味を日本人好みに昇華させて日本に定着させたように、日本でも、安心してラテン車を堪能していただけるように、なによりも「メンテナンス」に力を注いできました。
 いくら見てくれが綺麗でも、基本部分がちゃんとしていなければ、本来の性能を味わうことはできません。目に見える部分はもちろんですが、目に見えないところにこそ、その車の性能を決めてしまう部分があるんです。

 ロッソコルサは、日本のラテン車乗りが一人でも多く幸せになれるように、バックアップを惜しみません。他店で購入されたお車や部品持込での作業も承ります。
 是非一度彼方の目で、ロッソコルサを見てください。

基本整備料金

当社で実施している、法定点検の基本料金です。
基本料金以外には、実際に作業をさせていただいた交換工賃と部品代が別途かかります。
事前のお見積もりをお出しいたしますので、お気軽にお問合せ下さい。

法定12ヶ月点検25,000円~
法定24ヶ月点検45,000円~ +予備検査料 5,000円

※上記金額は税抜になります。

又、上記点検以外の修理に関しましても、お問い合わせの上ご相談下さい。

車検法定費用

~1トン
(パンダ、106、他)
1トン~1.5トン
(5ナンバー)
(206、INT16V、他)
1トン~1.5トン
(3ナンバー)
(EVO、147、156、他)
重量税 25,200円37,800円37,800円
自賠責保険料 28,780円(25ヶ月分)28,780円28,780円
車検印紙代1,700円1,700円1,800円
合計55,680円68,280円 68,380円

*車検印紙代は、中古新規(ナンバーなし)の場合、各300円アップします。
*車検切れの場合、別途仮ナンバー代(750円)がかかります。
*無料代車をご用意しております。詳細はメール・お電話にてお問合せ下さい。


ご注意ください

違法改造車の場合、整備をお断りさせていただく場合もありますので、事前に御来店のうえ、ご相談をさせていただきます。

無料代車

通勤やご家族の送り迎えなどでお車をお使いになる方には無料代車をご用意しております。
まずは、事前に空き状況をご確認ください。

ラテン車専門ロッソコルサに お気軽にお問い合わせください。042-443-1066受付時間 10:00~19:00[定休日:水曜日・イベント開催日]

お問い合わせフォームはコチラ ROSSO CORSA